口臭は、自分では気づきにくいものです。自分では臭っていないと思っていても、相手と話しているうちに臭ってしまうケースもあるため、自分の口臭がどれくらいかを知っておくことが大切です。というのも、口臭の素となっているもの正体は、揮発性硫化化合物と呼ばれるもので、気化しやすい特性があり、会話をしているときに息に混じって発散されていくためです。

それに、口臭を気にしすぎて口を手で押さえながら話していると、相手もそれが気になるため、お互いに話に集中できないといったこともあります。自分の口臭を客観的に知るということは、健全なコミュニケーションをとるためにも大事なことなのです。

口臭の原因になっているもののうち、一番多いのは、起床時の生理的な原因によるものとされています。これは、寝ている間に口の中が乾き、それが原因で口腔内に細菌が増殖して起きるものです。増殖した細菌が食事の食べかすなどを分解し、それが腐敗臭となって口臭となるのです。これは、日ごろの口腔内のケアによって防げます。

続いて多いのが、虫歯など口腔内の病気によるものです。これらは、治療を要します。通院も必要になるため、あらかじめ予防をすることが大切になります。

口臭を予防するためには、日頃から歯や歯茎の手入れをして清潔に保つほか、舌のケアや唾液に気をつけることも大事です。とくに唾液の分泌は口腔内の自浄作用を促すため、お茶を飲んだり間食したりして唾液を絶やさないよう気を配る必要があります。

そのほか、口臭は必要以上に気にしすぎないということも大切なことです。口臭がないのに自分で口臭があると思い込むことを自臭症と言います。思い込むこと自体が病気というわけです。こうなってしまえば、社会的な生活にも影響を及ぼしてしまいます。専門医に相談するほか、口臭をチェックできるケア用品も市販されているので、自分でチェックして客観的に知っておくべきです。

口臭の原因には、食事によるものもあります。ニンニクやニラを食べた後に口臭が酷くなるのはだれもが経験したことがあるはず。さらには、飲酒によるアルコール臭、喫煙によるニコチン臭なども口臭と言えます。こういった食事や嗜好品による口臭は、本人の自覚次第で消すことができるものと言えるでしょう。